第四回 地域の発達支援力向上研修 中級講座五日目。「障害児福祉制度の理解」

この記事は1分で読めます

皆さん、こんにちは。

中級講座五日目。本日もさいゆうヴィレッジにて開催しています。

テーマは「障害児福祉制度の理解」です。

講師はおなじみ、品川区児童学園 光真坊浩史先生です。

直接処遇で終われ、情報収集は後回しになりがちな法制度。

しかも、障害児を取り巻くものは近年目まぐるしく変化を見せています。

知らなかった、じゃ済まされない。

何より「法律」の目的は何か?

役割や責任の明確化などは確かに重要なことですが、

法律の最たる目的は、権利を守ること。

この観点を持つと「知らない」ままではいられないはずです。

私たちは、子どもたちやご家族が本来持っている権利について社会に広める

役割を背負っているからです。

法制度はやっぱり難しい、と敬遠していた参加者も、今日を皮切りに学ぶ

ことへの意欲を胸に、今日もそれぞれの仲間の元へ帰っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。