第四回 地域の発達支援力向上研修 中級講座四日目。「発達的視点を知るⅡ」

この記事は1分で読めます

皆さん、こんにちは。

本日は「さいゆうヴィレッジ」にて、うめだあけぼの学園 副園長の酒井年泰先生による

「発達的視点を知るⅡ」を開講しています。

前回の「発達的視点を知るⅠ」では、認知機能において人的、物的環境がもらたす子どもへの

影響について学びました。

今回は、身体機能における話題を中心に、グループワークを交えた講座になっています。

無理難題や曖昧なリクエストを周囲に投げ掛けられながら、一つの作業を行います。

誰かは「腹が立った」と。他の誰かは「具体的に言って欲しい」とか。

もしかして、これって普段子どもたちに言ってしまっていませんか?

実は、何重にも課題を強いていることにもなりかねません。

日頃から連携の度合いが高い草加市の事業者さんたちですが、ワークを通して

さらに交流を深めることにもなりました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。