第四回 地域の発達支援力向上研修 中級講座二日目。「虐待予防」

この記事は1分で読めます

 

地域の発達支援力向上研修中級講座及び草加市連絡協議会職員スキルアップ研修会が

草加市中央公民館第一、二会議室で行われました。

草加市含め50名を超える方にご参加いただきました。

 

講師は

心身障害児総合医療療育センター 小児科

米山 明先生 です。

 

揺さぶられ症候群赤ちゃん人形の登場もあり

常に現場で活躍されている先生からのリアルな話。

受講者も真剣に受講していました。

 

児童虐待のハイリスクの話や親御さんとの接し方などもお話しいただきました。

特に、障害をお持ちのお子様の家庭では一般家庭のリスクより4〜5倍に上がるということや、

ただ、福祉制度を進めれば伝わるかと行ったらそうではなく、実際には申請にも行くことが出来ない人もいる

という、現場での現在を取り巻く環境などもお話しいただきました。

 

私達職員も、虐待に関しては常に意識していますが、自分はしないだけではなく

発見する、通報するという重要性もあります。

そして、気が付かない虐待が多く行われているという事実。

しっかりと受け止め、さらに成長していかなければいけないと思いました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。