第三回地域の発達支援力向上研修 中級講座 第三日目

この記事は1分で読めます

こんにちは。発達支援協議会事務局です。

小雨も手伝い、急な気温の下降に体調を崩されてはいませんか。

本日は中級講座 第三日目を開催しています。

うめだあけぼの学園 発達支援部補佐役 竹谷志保子先生による

「発達的視点を知る」が本日のテーマです。

障がいを持った子どもを支援する場合。本人はもちろんのこと、家族をも支える

必要があります。さらには福祉だけではなく、医療や保健、教育分野との連携も

欠かせません。

本人に「生活のつまづき」をもたらしているのは本当にその子の「障がい」か。

周囲の大人の理解が足りなかったら・・

サービスを提供する事業者同士が情報共有していなかったら・・

次回、第四日目も引き続き発達的視点について深めていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。