第二回地域の発達支援力向上研修中級講座十日目

この記事は1分で読めます

こんにちは。

発達支援協議会事務局です。

本日、第二回地域の発達支援力向上研修十日目です。

最終日は「自己理由と社会性の発達」です。

講師はうめだ・あけぼの学園の竹谷志保子先生です。

第2回中級10日写真1

●「自分を知る」ということ
●思春期相談を通して考えたこと
●自己理解に向けて
●心の生命力を育む6つのこと

考えていきたいこと
・障がいのある子どもは、どのように自己理解を進めていくのか?

・その中で、どのように自己肯定感が、育つのか?
心理的危機をむリスクが高い。

・知的障害、発達障害(認知の偏り)、身体障害、中途障害によって、自己理解はどのように違うのか?
社会的関係性のあり方の違いに関係して、それぞれの心理的危機の在り様も異なる。

・自己肯定感を持ち、自分らしく生きていくことを支え育てていくために、私たちには何ができるのか?
子どもの心の育ちと先の生活を見通した計画的な工夫で、大切な何かができるはず。

4月から行って来た第二回地域の発達支援力向上研修中級講座ですが、本日で最終日となりました。
また今後の研修の開催等に関しては追ってご連絡させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。