第二回地域の発達支援力向上研修 中級講座第八日目

この記事は1分で読めます

WIN_20160805_10_10_22_Pro

皆さん、こんにちは。発達支援協議会 事務局です。

本日も始まりました地域の発達支援力向上研修 中級講座は「発達支援と障害児医療」です。

うめだあけぼの学園の小児神経科医師 角田祥子先生にお話を頂いています。

ダウン症など、昨今では福祉従事者なら聞き慣れた言葉になりつつあります。

でも・・

21番目の染色体異常、なんて聞くと同じ意味でもハードルが上がる気がしませんか。

多くの福祉従事者は、医療や教育分野と何かしらの距離を感じています。

しかし、障がいや疾病が多様化している今日、他分野との連携がなければ地域生活を支えることは

出来ません。

障がい児とその家庭の生活を支えるプロフェッショナルとして、病理について学びます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。