第二回地域の発達支援力向上研修 中級講座第六日目

この記事は1分で読めます

S__12083210

こんにちは!発達支援協議会 事務局です。第二回地域の発達支援力向上研修 第六日目です。
心身障害児総合医療療育センターの小児科医 長瀬美香先生による
「ペアレントトレーニング・家族支援」についてのお話です。

我が子が知的、身体的に障がいを持って産まれてきたら・・。

私は、ようこそ!と心から言ってあげられるだろうか。

我が子にとって最良の環境を作ってあげることは出来るだろうか。

外を歩いたら笑われてしまうだろうか。家族の協力は得ても良いのだろうか。

仕事に就くことも、友達と食事に出掛けることも、もう出来ないかもしれない。

これほど豊かに発展した日本社会でさえも、障がい児を抱える家庭には大きな
不安と孤独感。生活のし辛さをもたらします。
発達支援に携わる私たちにとって、主役は子どもたちだけであろうか。
両親や兄弟は困ってはいないか。誰かにどうしても聴いてもらいたい想いを
抱えていないだろうか。

伴走者として、本日の学びを支援現場で活かすために、受講生たちのまなざしは
一層煌きを増します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。