初級者講座が始まりました

この記事は1分で読めます

発達支援協議会事務局です。

2月18日(木)

地域の発達支援力向上研修・初級者講座を開始しました。

昨年9月から現場のリーダ―育成のため、中級者向けの研修を実施してきました。

多くの方から、働き始めたばかりの新任職員を対象にした研修をやって欲しいとの

声が寄せられ、発達支援協議会としては初級者講座を開講することを決めました。

ニュースを賑わせる施設虐待は比較的経験の浅い職員によって引き起こされる。

WIN_20160218_092127

自分で出来るんだから自分でやりなさい・・・

障がいを持っていると認められた人にとって「自立」とは、自分ひとりで出来る

ということじゃないんですね。

介助者、支援者を上手に使って自己実現を引き寄せることなんです。

今日の講座はONE DAY

3時間の講座です。

まずは心身障がい児総合医療療育センター 理事 米山明先生による「人権と虐待」

続いて、うめだあけぼの学園 酒井康年先生・青木綾子先生による「障がい理解」および

「支援者としての資質」の3本立て。

今日もここ、足立区梅島エルソフィアで「支える力」が育っています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。